【1日5分で完了】家計簿アプリを活用して支出を管理しよう!【おすすめアプリ2選】

アプリ

僕は、大学生の頃から家計簿アプリを使っています。ずっとつけ続けていると生活の振り返りにもなっていいんですよね。夏休みはいろいろでかけて出費がすごいな、この時期は節約にハマって食費低いけどその後リバウンドしたな、とか支払いからわかります。

友達や同僚に聞いてみると、案外家計簿をつけている人はいないようでびっくりしました。僕自身の個人的な体験からすると、家計簿をつけていない時期は、とりあえず銀行の残高がマイナスにならない、という基準でお金を使っていました。不要なものやことでも、まだお金あるしいいや!という感じで使ってしまっていたな、と振り返って思います。

そんな僕がアプリで家計簿をつけ始めたきっかけは、確かzaim(家計簿アプリ)の社長さんのインタビューを読んだことでした。その当時は多くのユーザが利用するような家計簿アプリはまだまだ少なかったので、そんな会社で運営するようなアプリがあるんだな、と興味本位で使ってみたのがきっかけでした。この時は確か、レシート読み取り機能もあまり発達していなくて、手打ちでぽちぽち入力していたと記憶しています。

さて、かれこれ5年近く家計簿アプリを利用している僕が、まず家計簿アプリを利用するメリットについてお伝えします。

スポンサーリンク

家計簿アプリを利用するメリット

メリット1:何にお金を使ったのかすぐ把握できる

まず、何にお金を使ったか、記憶をたどる必要もなく把握できます。記憶に頼っていると案外、「あれ、なんでこんなに財布に金がないんだ?もしかしてだれか盗った?」とか思っちゃいがちです(家計簿をつけていないころはよく思っていました笑)。

メリット2:節約するきっかけになる

何にお金を使ったかわかると、何に使いすぎたか振り返ることができます。3カ月ほどつけ続けると、自分のお金の使い方の傾向がなんとなくわかります。今月外食費に使いすぎたから、来月は外食を控えてみようかな、と行動を正すきっかけになります。

それ以外でも、しょうもないものに使った記録が残るのは恥ずかしい、という気持ちから無駄遣いが防げたりもします。

メリット3:クレジットカードの支払いに余裕をもって対処できる

家計簿アプリのMoneyForwardやzaim等はクレジットカードや銀行口座と連携でき、自動的に家計簿がつけられます。クレジットカードの場合は、支払期限と支払金額の通知も家計簿アプリ側で見ることができます。なので、これだけ銀行口座にお金があれば支払い大丈夫だな、ということが家計簿アプリをチェックするだけですぐわかります。

おすすめの家計簿アプリ

さて、メリットを紹介したところで、おすすめのかけいぼあぷりについて紹介したいと思います。

今までにいくつか家計簿アプリを使ってきた中で、今回紹介したいのがzaimとMoneyTreeの2つです。それぞれ特徴がありますが、大きな分け方として細かく支出を管理したい人はzaim、大まかに把握したい人はMoneyTreeがおすすめです。

おすすめアプリ1:zaim(ザイム)

‎Zaim - お金の管理が楽になる人気家計簿(かけいぼ)
‎◆ 83% が続けられると回答(※) ◆ リリースから 10年目の定番家計簿アプリ ◆ 「グッドデザイン賞」ベスト 100 選出(日本デザイン振興会) (※1 自社調べ 2020年1月時点) ■ こんな方におすすめ 【今度こそ家計簿を続けたい】 簡単な入力方法、レシートを撮るだけでパシャっと記録。 クレジット...
Zaim - Apps on Google Play
Zaim is an easy, fun to use cloud bookkeeping app, perfect for our generation!

冒頭でも紹介したzaimは、こんな感じの画面です。

一回の買い物で、リンゴに150円、みかんに50円……というように、明細で管理できます。それぞれの明細ごとに、カテゴリ(食費や交際費、交通費など)分けもできます。

「わざわざ手打ちするのはめんどくさい……」という人のために、レシート読み取り機能があります。

レシートから、
・支払い日時
・支払い店舗、店舗の電話番号
・品目単位の明細
を読み取ってくれます。

レシート機能は便利なんですけど、画像のように(セミギョウザがセミギョウ}゛になっている)読み取り間違いがあったりして、それを手で修正しないといけないという弱点はあります。とはいえ、一から入力するよりは圧倒的に楽です!

明細ごとに管理できると、「あ、この店でこの商品を買ったほうが安いな」ということがわかるので、より節約効果が高くなります。

‎Zaim - お金の管理が楽になる人気家計簿(かけいぼ)
‎◆ 83% が続けられると回答(※) ◆ リリースから 10年目の定番家計簿アプリ ◆ 「グッドデザイン賞」ベスト 100 選出(日本デザイン振興会) (※1 自社調べ 2020年1月時点) ■ こんな方におすすめ 【今度こそ家計簿を続けたい】 簡単な入力方法、レシートを撮るだけでパシャっと記録。 クレジット...
Zaim - Apps on Google Play
Zaim is an easy, fun to use cloud bookkeeping app, perfect for our generation!

おすすめアプリ2:MoneyTree(マネーツリー)

‎Moneytree 家計簿より楽チン
‎App Store Bestを2年連続で受賞したMoneytreeは銀行、クレジットカード、電子マネー、ポイント・マイル、証券など、複数の金融サービスを一元管理できる個人資産管理ツールです。初回登録だけで、口座残高やカードの明細情報が自動的に更新され、収支状況を把握できます。 【Moneytreeが選ばれる理由 】...
Moneytree - Personal Finance Made Easy - Apps on Google Play
Budget Smarter, Be Better Off

「そんなちまちま管理するのはめんどくさい!」という人には、マネーツリーがおすすめです。

※全資産がマイナスなのは、あまり気にしないでください笑

こんな感じで、「銀行口座」、「クレジットカード」というようなくくりで大まかに残高をまとめてくれます。銀行口座やクレジットカードなどと連携させることができ、そこから自働で家計簿をつけてくれます。zaimももちろんその機能があるのですが、zaimの場合、明細も管理しようと思ったら、「一度レシートをもとに明細を記録する→金融機関連携の記録が確認出来たら、記録がだぶってしまうので金融機関連携の記録は削除する」という2度手間になってしまいます。一方、MoneyTreeの場合は明細は管理できない割り切った仕様なので、金融機関連携の記録をそのまま使えます。

MoneyTreeは、クレジットカードや銀行口座の記録は自動連携の記録しか使えず、手入力はできないようになっています。手入力での取引管理は、基本財布の現金のみ(そのほか手動管理する口座)となっています。

MoneyTreeは、明細まで管理したくない人だけでなく、1円単位で口座の残高をしっかり管理したい、という人におすすめです。なぜなら、金融機関連携の記録は編集できず、現金の入出金の記録がしっかり1円単位で管理されるためです。例えば、銀行口座に「出金」の記録が1万円分あれば、1万円分現金口座に足されます。

‎Moneytree 家計簿より楽チン
‎App Store Bestを2年連続で受賞したMoneytreeは銀行、クレジットカード、電子マネー、ポイント・マイル、証券など、複数の金融サービスを一元管理できる個人資産管理ツールです。初回登録だけで、口座残高やカードの明細情報が自動的に更新され、収支状況を把握できます。 【Moneytreeが選ばれる理由 】...
Moneytree - Personal Finance Made Easy - Apps on Google Play
Budget Smarter, Be Better Off

まとめ:1日5分の習慣でお金を守ろう

上で紹介したzaimもMoneyTreeも、記録に使う時間は1日5分程度です。zaimならレシートで記録できますし、MoneyTreeなら現金の記録だけすればいいからです。それだけでさまざまなメリットが受けられるので、ぜひ使い始めて見てください!

コメント